神奈川県大和市のひらの動物病院では、犬・猫の心臓病(循環器疾患)診療、腫瘍科診療、がん治療にも力をいれており、心臓病(循環器疾患)専門外来を設ける他、腫瘍外科手術、化学療法(抗がん剤治療)のみならず、犬・猫のがん免疫療法(活性化リンパ球療法)、緩和医療(痛みのケア)を積極的に取入れ、ホリスティックにQOL(生活の質)を支えます。

〒242-007 神奈川県大和市中央林間2-3-11 tel:046(272)5300
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
充実した1日

こんにちは。看護師の桑田です。

 

この前、日本体育大学に行って学食を食べてきました!
から揚げ丼食べたのですがジューシーで美味しかったですニコッ
白米が少し甘く味付けされてました

 

 

グラウンド広くて綺麗!

 

学生のみんなと馴染んでなく浮いてました笑

学食食べてる時も本当はトレー使わないとだったのに

気付かず使わないで食べてたら返却するとき返せなくて焦りましたマジで


大学を探検した後はバッティングセンター行って打ってきました!

(全然打てなかったけど・・・)
そのせいか腰を痛めました笑


歩いてたら神社見つけておみくじ引いたら中吉!
友達も中吉でしたが、すごい事に同じ中吉でも
内容が全く同じでした!!


その後は二子玉川の川に行こうと思ったのですが
川まで辿りつけず近くの野原に座ってずっと話してましたピース

 

久しぶりにお昼から遊びに出かけて充実した1日でしたハートニコ

猫の慢性腎臓病治療薬『ラプロス』の勉強会に参加してきました...

5月に横浜開港記念会館で開催された猫の慢性腎不全治療薬『ラプロス』(東レ)の新薬説明会に出席してきました。

 

 

夜19時からの開催でしたが、100名程の獣医さんで会場はいっぱいひらめき 注目度・期待度の高さの表れだと感じました。

 

 

当院では循環器治療の分野でベラプラストナトリウム製剤は導入済でしたが、猫ちゃんの慢性腎臓病のQOLの維持と進行遅延に対する有効性について勉強になりました。自分のなかでは循環動態への影響、投与量について等、いくつか確認しなくてはいけない…と思うことがピックアップされましたが、とても有効で有益な薬剤であることについて再認識した夜でした。

 

 

 

ひらの動物病院:獣医師/ 平野

 

 

 

 

臨時休診のお知らせ...6月15日(木)午後

●2017年6月15日(木曜日)午後 は 獣医臨床研究会に出席のため 臨時休診 とさせていただきます。
6月17日(土曜日)朝9時より平常通り診療となります。


尚、緊急性が高い場合等は もり犬猫病院さん(大和市西鶴間)への受診後、17日以降にて当院での継続診療が可能です(診療受付時間はもり犬猫病院さんの規定に準じます)。詳細は当院ホームページをご参照ください。

大変なご面倒をおかけ致しますが、何卒、ご理解賜ります様お願い申し上げます。


 

 

ひらの動物病院:獣医師/平野

 

 

 

肉三昧♪

こんにちは。看護師の桑田です。

 

木曜日に病院の皆で焼肉食べに行きましたonpu03
全部美味しかったですが
とくに上級タンはめちゃくちゃ美味しかったです!

 

 

ステーキも最高でした!

 


お肉いっぱい食べた後はシメにハンバーグ!!
網のとこで焼いてからいただきましたペコちゃん

 

アルミホイルめくってみたら

私の好きなエリンギまで入ってましたにた

 

 

お上品な味でした
お腹いっぱい食べて幸せで本気で時間止まってほしかったです笑!

臨時休診のお知らせ…5月27日(土)全日

●2017年5月27日(土曜日)全日 は 獣医臨床研究会に出席のため 臨時休診 とさせていただきます。
5月28日(日曜日)朝9時より平常通り診療となります。


尚、緊急性が高い場合等は もり犬猫病院さん(大和市西鶴間)への受診後、28日以降にて当院での継続診療が可能です(診療受付時間はもり犬猫病院さんの規定に準じます)。詳細は当院ホームページをご参照ください。

大変なご面倒をおかけ致しますが、何卒、ご理解賜ります様お願い申し上げます。


 

両前肢前腕部からの断脚後のわんちゃんのサポート...動物の義肢装具士・島田旭緒さん

2017年4月2日、 動物の義肢・装具士の島田旭緒さんに

後躯麻痺で車いすを使って元気に過ごしているダックスくんの

サポートをお手伝いいただきました。

(後躯麻痺のわんちゃんのサポート)。

 

今回、保護時(福島県)から両前肢に重度の損傷があり、

前腕部中央付近から両前肢ともに断脚せざるを得なかった

わんちゃんの義肢を作製し、その成果をフェイスブック

ページで報告されていました。

 

動物の義肢・装具の存在とその応用性の高さについて、

たくさんの皆さまに広く知っていただきたいので、

転載させていただくことにしました。

 

是非、お読みください手

 


 

推定5歳、14圓離縫海舛磴鵝蠅任(*^o^*)
ニコちゃんは、今年に福島県で保護された子で、すごく優しくて可愛い子です(^^)
保護されたときは、両前肢(手根のあたり)が骨折しており、折れた部分で着地して歩いていたため、地面との接地部にあたる皮膚や筋肉が削れ、患部は壊死していました。
病院にて、右橈尺骨骨幹部での切断と、左前腕手根関節での離断術が行われ、義足を作製することになりました。

 

 

術後当初は、保護犬ということもあり、比較的に費用の安価な前足用の車椅子が検討されましたが、ギプスで断端を保護すると、肩と肘を使って歩けるようになったため、車椅子より自由に生活がしやすい義足が選択されました(^^)
義足の目的は、歩行補助、断端の保護、脚長差(足の長さの差)の改善となります。

 

この歩行補助の目的が、ギプスよりも改善されているのかチェックするため、歩行中の四肢の荷重値を「フォースプレート」という計測器で調べました。

 

 

※このフォースプレートは、株式会社ヒューテックと弊社の島田が動物専用に開発した垂直荷重のみを測るためのポータブル計測器です。ヨロシクネ!
計測結果
---------------------------------
・ギプス歩行の体重に対する割合
前肢:右35%、左66%
後肢:右44%、左69%

・義足歩行の体重に対する割合
前肢:右60%、左75%
後肢:右54%、左53%
(歩行速度はwalk)
---------------------------------

 


 

解析結果をざっくばらんにお話しすれば、義足歩行はギプスよりも正常な値に近づき、かなり改善されました!
右前肢は前腕部が短く、断端も傷になりやすかったためニコちゃん自身が使いたがらず、義足歩行でも左前肢を主に負荷していることが分かります。
また、ギプス歩行では右前肢を庇うために、対側の左後肢が最も負重しているようです。普通は前足の荷重値の方が大きな値になるので、今まではすごく変な歩き方をしていたと思います>_<

 


 

今後、左右前肢が均等に負荷できるようになり、また後肢の荷重割合も10%くらい減ってくれるとより正常なり理想的です(^^)
ニコちゃんはまだ飼主がいなく、福島県の保護団体に預かられています。
ニコちゃんの里親をお考えの方は弊社までメッセージを下さい。
よろしくお願い致しますm(_ _)m


https://www.facebook.com/toyosogu/videos/1476644162409590/

 

 

 

 

 

 

-ペット博2017- by ヘムちゃんママ

5月3日〜6日に幕張メッセで開催された-ペット博2017- のレポを

ヘムちゃんママが届けてくれました ねこ

 

 

黒猫 若干ママにイジられ気味のヘムちゃん...笑

 

_____________________________

 

5月5日。ペット博張メッセへ行ってきましたー!

 

わんちゃん・ねこちゃんグッズのお店や様々なイベントが

開催されていて、終始わくわくが止まりません。

 

会場中央の運動広場では、

ちょうど“呼び戻し”選手権大会の真っ最中。

参加の飼い主さんが離れた場所で待つワンちゃんを呼び戻し、

1番早く飼い主さんのもとへ行きお座りができたワンちゃんが

勝ち進みます。

 

こちらは、あの松本秀樹さんがプロデュースしており、

司会進行も担当されています。飼い主さんまでの道のりの

途中にはおやつやおもちゃの誘惑が待ち構えており、

なかなか戻ってこないワンちゃんも。

なかには、14歳のワンちゃんも参加していたり!

決勝戦ではボーダーコ リーや柴犬もいる中、

トイプードルさんが優勝していましたー!おめでとう!!

 

この日はホワイトシェパードのドッグミーティングが

開催されたこともあり、あっちにもこっちにも

ホワイトシェパードさんたちが…。圧巻!

 

日本救助犬協会のコーナーにいた、

なんとも賢そうなワンさん…。立派な制服姿でした。

ステージイベントでは、ペットの防災についてのお話を

聞きました。避難所で生活することになった時への備えや、

ペットとはぐれてしまった時の対応などを紹介しており、

いろいろと考えさせられる内容でした。

我が家には2匹の猫がいますが、普段一切ゲージを

使用していないので、もし避難所で生活することに

なってしまったら大変です。もしもの事態に備えて、

キャリーバックやゲージに慣らしておかなくては。

他にも、セラピードッグ認定会やしつけ教室、

小動物との触れ合いコーナーや乗馬体験、

飼い主さんも一緒に参加できる運動会や

ファッションショーなどが行われており、

ペットを飼っている方もそうでない方も楽しめる内容でした。

 

特に小さなお子様が、自分と同じかそれより大きなワンちゃんと

おっかなびっくりふれあっている様子が各所で見られ、

なんとも微笑ましかったです。

 

来場されている方のほとんどがペット同伴で、

ワンちゃんネコちゃんの他にもなんと!

ミーアキャットを連れて来ている方がいました!!

※参考画像

 

また、昨年もこのイベントには足を運んだのですが、

今年のほうがネコちゃん向けの お店が増えたなぁという印象です。

ネコちゃん用の回し車、実物は初めて見ました…

欲しくなってしまう〜

 

そうそう、パーソン・ラッセル・テリアという

とっても珍しいワンちゃんも来場していました!

※参考画像

 

留守番していた我が家のネコたちのために購入した

マタタビ入りのおもちゃは...

2時間足らずで破壊されてしまいました。

 

以上手  ヘムちゃんママきゃvネコ 

-ペット博2017-レポートありがとうございました!!

 

また来年!お願いしますね笑

 

 

 

野球観戦

こんにちは。看護師の桑田です。

 

昨日友達の知り合いの野球を一緒に見に行いってきました!

 

 

野球興味なかったのですが見てたら面白かったです手
でもずっと外にいて日に当たってたので途中頭痛くなりました膝を抱えて落ち込む

 

応援してたチーム勝ってたのに最後の最後に逆転されちゃいました、、、
悔しい!!

 

 

夜はオムライス食べて帰りましたハート

 

次回の犬猫の心臓病(循環器疾患)専門外来日は...5月8日(第2月曜日)です

次回の 犬猫の心臓病(循環器疾患)専門外来日 は 5月8日(第2月曜日) となります。


心臓に不安をもつわんちゃん・猫ちゃんのための診療日で、県外からのご家族もおみえです。心臓病(循環器疾患)専門外来では、検査精度と医療の公共性を高めるために獣医臨床検査専門医(※)を加え、心エコー検査(カラードップラー心臓超音波検査)を基本とし、病態・血行動態・病期を正しく把握した上で、検査結果と治療方針について解りやすく丁寧にご説明させていただきます。



 

検査結果詳細等は...こちら をご参照ください。

獣医臨床検査専門医:名輪裕生(獣医診断支援サービス:VDSS(Veterinary Diagnosis Suport Survice)) / 日本動物高度医療センター内科・臨床検査科勤務医'07-,同非常勤勤務医'09-/日本獣医生命科学大学付属動物病院研修医'97-'03/動物ウェルネスセンター常勤勤務医'03-06/VDSS獣医診断支援サービス'06-/日本獣医がん学会/日本循環器学会/日本獣医神経病学会


わんちゃん・猫ちゃんの循環器への負担を最大限に減らすため完全予約制となり、事前の予診ならびに予約が必須となります。心臓病(循環器疾患)専門外来については、当院〔046-272-5300〕までお問合せください。

次回は、5月8日(第2月曜日)となります。



ひらの動物病院 獣医師/平野

オシャレなご飯

こんにちは。看護師の桑田です。

 

この間、病院のみんなでご飯食べに行きましたハート
蕎麦の他に色々食べましたが、上手く写真が撮れなかったので
写真は少しだけ笑

 

 

 

全部すごく美味しくて見た目もオシャレでした〜!!


お店の雰囲気も落ち着いていて旅館みたいでしたニコ
また行きたいですキラほし
先生ご馳走様でしたキラキラ

 

そして昨日は横浜でサーカスを見に行ってきました

 

 

ホワイトライオンとゾウとシマウマが出てました!

ゾウは逆立ちとか2足歩行したりすごかったです

 

また見に行きたいな〜