神奈川県大和市のひらの動物病院では、犬・猫の心臓病(循環器疾患)診療、腫瘍科診療、がん治療にも力をいれており、心臓病(循環器疾患)専門外来を設ける他、腫瘍外科手術、化学療法(抗がん剤治療)のみならず、犬・猫のがん免疫療法(活性化リンパ球療法)、緩和医療(痛みのケア)を積極的に取入れ、ホリスティックにQOL(生活の質)を支えます。

〒242-007 神奈川県大和市中央林間2-3-11 tel:046(272)5300
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【2018年3月】動物看護師を募集しています...ひらの動物病院 | main | [WBO世界ス―パーフライ級王者] プロボクサー井上尚弥選手 >>
[東洋装具医療器具製作所] 義肢装具士の島田旭緒さん

最近はテレビの出演回数も増え、すっかりお忙しくなっている東洋装具医療器具製作所の義肢装具士・島田旭緒さんにお手伝いいただきました。

 

両前肢前腕部からの断脚後のわんちゃんのサポート

後躯麻痺のわんちゃんのサポート

義肢装具士島田旭緒さんのセミナーに出席して

 

過去にも何度かサポート頂いてブログにアップしていますが、今回はドッグランで左後肢膝関節にトラブルをおったラブラドールのワンちゃんです。体格の大きいわんちゃんたちの膝のトラブルは、膝の解剖学的な構造性を正しく保つために、早い段階での外科的対応が望ましいとされています。

 

 

結果、このラブくんも外科的矯正が必要となりましたが、処置前の在宅での運動制御や障害進行の抑制、処置後の歩行補助等に装具を導入することで、納得できるサポートが可能となり、期待できる結果に結びついています。

 

 

動物医療の場合は、患者さんであるワンちゃん猫ちゃんには問題の理解が難しいので、装具装着による擦れや締め付けなどいくつも、細かいケアで補正していかなくてはならない状況がありますが、これからもいくつもの場面で必要とされる分野だと考えています。

 

 

ひらの動物病院/獣医師:平野由夫