神奈川県大和市のひらの動物病院では、犬・猫の心臓病(循環器疾患)診療、腫瘍科診療、がん治療にも力をいれており、心臓病(循環器疾患)専門外来を設ける他、腫瘍外科手術、化学療法(抗がん剤治療)のみならず、犬・猫のがん免疫療法(活性化リンパ球療法)、緩和医療(痛みのケア)を積極的に取入れ、ホリスティックにQOL(生活の質)を支えます。

〒242-007 神奈川県大和市中央林間2-3-11 tel:046(272)5300
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 活動報告:福島警戒区域内動物救援獣医師チーム VAFFA311 | main | [7月16日活動手記] 福島警戒区域内動物救援獣医師チームVAFFA311 >>
[7月15日活動手記] 福島警戒区域内動物救援獣医師チームVAFFA311
7月15日(金曜日)


早めに郡山に到着できるメンバーがいれば打合せをという夏堀団長からの声かけがあり、幸い金曜日が休診日だったことから、当日朝、自院の入院管理等を終えた後、猛烈な陽射しのなか13時半に中央林間を出発。

東京駅を経由し、東北新幹線で郡山へ。途中、那須塩原あたりで車窓から見える景色は豪雨。明朝からの活動に不安がよぎったが、17時過ぎに郡山についた時に雨の跡はなし。

20時過ぎにラジオ局の電話取材を終えた団長と、九州から参加した獣医師と合流。打合せをしながらメンバーの到着を待つ。

22時半、神奈川から新幹線で到着した獣医師2名が合流。00時をまわり、焼津から車で出発した獣医師と、途中、そこに乗車した獣医師の計3名が到着。さらに愛知県から参加の獣医師が合流し、9名が揃う。ほぼ全員が初対面だったため、自己紹介とミーティングを兼ねて夜食。

その後、ホテルに戻り、翌朝の行程、班分け等を再確認の上、2時過ぎに就寝。